一歩を踏み出す

うつ病と診断されたら

体や心の不調を感じ、病院を受診、うつ病と診断されてしまったら投薬治療が始まります。治療の始まりは元気になる第一歩です。うつ病治療に欠かせない抗うつ剤には様々な特徴があります。 抗うつ剤は、飲み始めてすぐに効果が出るわけではありません。飲み始めは2週間から1ケ月くらいでゆっくりと効果があらわれ始めます。一方、吐き気などの副作用があらわれることもあります。薬の飲み始めは、体に薬を慣らすときとも言えます。 早く元気になりたいのに、きちんと薬を飲んでいてもどうもしゃっきりしない…と気持ちは焦りがちですが、うつ病にかかると否定的な見方になる傾向が強いので、焦って決めつけず、担当医に相談するなどして心配や不安は解消していきましょう。不安が多い時期は診察の際にご家族の方に付き添ってもらうと良いでしょう。

お薬の種類と効果とは

抗うつ剤の効果は抑うつ気分の改善、気分を明るくする、意欲の亢進、焦燥感・不安感の軽減があります。 代表的な抗うつ剤は三環系抗うつ剤、四環型抗うつ剤、SSRI、SNRIなどがあります。現在、治療の中心となっているのは、SSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)とSNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)です。この2種類は、新しいお薬で、古い世代のお薬に比べて、副作用が出にくいという特徴があります。 しかし、うつ病には様々なタイプがあり、個人の体質との相性があります。新しい世代のお薬で効果が得られない場合は古い世代の抗うつ剤が使われます。 どの薬が患者さんにとってベストなのかは見立てが難しいと言われます。飲み始めは効果を実感できるまでしばらくかかるかもしれませんが、通常は2か月程度を目安にお薬の効果を見るために続けます。医師の言うとおりに飲み忘れのないよう治療を続けましょう。しかし、強い副作用や、不調が出てきた場合、診察日を待たずに医師に相談しましょう。 自分に合った抗うつ剤を見つけるのが早期寛解のために必要なポイントの一つです。