立ち直れます

処方してもらう

うつ病の症状を改善するための治療薬を手に入れるためには心療内科での受診が必要不可欠になっているのです。受診する事によって、効率的に治療を進めることが出来るようになっているといっても過言ではありません。

Read More

一歩を踏み出す

うつと診断された時には、うつの症状に効果のある治療薬を用いての治療の第一歩を踏み出すことが何よりも重要になります。その一歩がより良い未来を手に入れるためには必要不可欠なのです。

Read More

治療薬と共に

うつ病の薬として処方される抗うつ剤の作用などに関して知りたいならこちらのサイトへ。どのような治療に効果があるのかがわかりますよ。

うつ病の治療において大切な薬

うつ病は現代において深刻な病であり、精神的に落ち込んだり、食欲不振や意欲減退につながる病です。うつ病患者は年々増加しており、2008年には100万人を超えたとの報告があります。治療法としては抗うつ剤の服用が主になります。抗うつ剤の効果は、個人差があり服用者の体質や症状によって種類や組み合せを変え処方されます。また、服用し始めて効果が現れるまで2週間程度かかるといわれている為、すぐに効果判定をするのは避ける必要があります。うつ病は脳内の「セロトニン」という伝達物質が不足するこが原因とされています。抗うつ剤は、このセロトニンの減少する度合いを減らす効果があるのです。うつ病の治療には重要な薬になるので、自分に合ったものを処方してもらう必要があります。その為には、薬を服用してどういった効果が現れたか、副作用はどうであったかを把握し、正確な情報を医師に伝えることが大切です。

薬の服用と並行しストレスを軽減させる

抗うつ剤はうつ病の治療において重要なものですが、これだけを頼ってはいけません。うつ病は精神的なストレスと身体的なストレスが引き金になり発症するといわれています。その為、ストレスの原因であった葛藤の解決や葛藤状態からの回避が必要になります。また、休息などにより心身の負担を減らすことも大切です。治療を行っていく中で、治療期間が長くなると自宅療養や休職を余儀なくされる場合があり経済的な負担が大きくなります。その為、うつ病の治療には医療福祉や社会保障が適応となる場合が多く、いろいろな支援を受けることができます。まずは医師や市役所、社会保険事務局に相談し経済的な負担を減らすことで治療に専念することができます。

用法用量を守ること

抗うつ剤は、精神疾患の治療のために用いられる薬になります。 主に全般性障害やうつ病のような気分障害に、処方されることが多い薬です。 気分障害であっても、投薬結果がよくないので非推奨とされているのが、摂食障害と急性ストレス障害があげられます。 多くの場合、抗うつ剤の効果は2週間から6週間もかかるが、1週間で効果を発揮することもなくはないのです。 しかしその一方で、賦活症候群という副作用をもたらすこともあります。 賦活症候群とは、中枢神経刺激症状の総称になるのです。 セロトニンが急に活性化され、刺激を受けるとされています。 不安や焦燥、敵意、軽躁、躁状態の症状を呈します。 薬を出してくれた先生の話をよく聞き、用法用量を守って利用すること。これが、一番大事なことなのです。

  
  
  

軽くなったとしても

うつの治療薬を利用することで症状が軽くなったから、治療薬の服用をストップする人は少なくありません。また、うつの治療薬と一緒に併用している薬をストップする事も非常に危険なため、自分だけでの判断はしないことが大切です。

Read More

効果を知る

治療薬の効果を適切に把握する事によって、うつの症状を改善していくことが出来るようになっているため、それぞれの治療薬の効果を調べたりすることはとても重要なポイントになるのです。

Read More

幅広く利用されている

うつの症状を軽くする抗うつ剤には、色々な種類が存在していますが、安全性の高いものが非常に多くなっているため、適切に利用を行うことによって上手に症状を改善していくことが出来るようになります。

Read More